地産地消レストランのこと

食べ物について究めます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

地産地消レストランのこと

盛岡手づくり村に「地産地消レストラン」-地域の食文化をPR /岩手
4月5日13時1分配信 みんなの経済新聞ネットワーク

 盛岡手づくり村(盛岡市繋字尾入野)に4月1日、「自然レストラン大樹(だいじゅ)」がオープンした。(盛岡経済新聞)

 同レストランは、岩手県の食材をメーンに使うことで同県の食文化をPRする目的に、レストラン事業を手がける燦ケミカル(みたけ)が運営する。メニューは食品加工業の中野製麺(川目)がプロデュースする。

 食材は、調味料以外はすべて岩手県産を使用。県北特産のいわて短角牛や南部かしわ(雫石町)、三陸沿岸の海産物ほか、野菜類は周辺の生産者から直接仕入れるなど、「地元」を意識した。「南部ひっつみ定食」(880円)、「いわて短角牛のハンバーグ定食」(1,200円)、「純朴たまごのオムライス」(830円)、「もりおか冷麺」(850円)、「盛岡じゃじゃ麺」(650円)のほか、「もりおかベリー」として売り出し中のアロニアを使った「もりおかベリーピザ」(1,000円)などの定食や麺類、ピザをそろえる。盛岡の老舗レストラン「パイオニア牧場」とのコラボメニュー「ビーフシチュー」(1,800円)も。

 「ひっつみをその場で手で延ばして作るなど、手づくり村のテーマに合わせたメニューも用意した。食べるだけでなく岩手の食文化を体験してもらえれば」と広報担当者。

 営業時間は8時45分~17時。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100405-00000019-minkei-l03



ホテル&旅行ニュース
・盛岡手づくり村に「地産地消レストラン」-地域の食文化をPR ・日本旅行、レンタカー予約をYahoo!トラベルに掲載-取扱会社数も拡大へ ・秘境駅訪問のお供にいかが? - JR東海、「飯田線秘境駅」弁当&ドロップ発売



まんまで雫石牛ハンバーグ食べてきました。
よもぎ小豆(春限定です!!) 毎回季節限定のアイスばかり選んでるので レギュラー全然制覇出来てないです・・・。 まんま 手作りアイスと軽食の店 地産地消レストラン 岩手県岩手郡雫石町柿木95-3 営業時間:11:00~ 19:00 (12月~2月は閉店時間が18:00) 定休日:



江戸東京・伝統野菜研究会 代表大竹道茂さんインタビュー。
そのカブを使ったケーキ、まんじゅう、餃子など地域ブランド発信、三國シェフが江戸東京・伝統野菜を使った地産地消レストランをオープンしたことなど、次々と各地域での取り組みについてお話が飛び出してきたので本当に驚きました。



22年度もよろしくお願い致します
地産地消レストラン等に従事している方 など お問合せ、ご希望の方は いわてNPO事業開発センター HP 右上の【お問合せ】から ご連絡をお願い致します^^ 今後もよろしくお願いします。



いろいろ考えさせられますね。ではまた

スポンサーサイト
[ 2010/04/08 02:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。