中国食品包装材料法規制の最新動向

食べ物について究めます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国食品包装材料法規制の最新動向

以下、プレスネットより

中国では、食品の安全・安心問題がかつてないほど注目を集まる中、関連法規の整備も急ピッチに進められております。2009年6月より、「食品安全法」「食品安全法実施条例」のほかに、「食品用器具、容器包装材用添加剤衛生標準」(GB9685-2008)「食品添加剤生産監督管理規定」など、一連の法規が相次ぎ施行されました。食品だけでなく、食品用器具、容器包装材用添加剤など、つまり食品接触材料(FCN: Food Contact Notification)の規制も強化されました。

株式会社モバイルシステム(代表 陳梅官)は、中国FCNの担当機構である、中国衛生部 疾病予防制御センター栄養食品安全所の王竹天副所長をお招きし、中国食品包装材料法規制の詳細と申請手順などを解説して頂きます。政策担当者が語るホットかつ的確な情報にご期待下さい。是非とも万障繰り合わせて来場頂き、御社の業務にお役立て頂く様お願い申し上げます。

【テーマ】 『中国食品包装材料法規制の最新動向』(講師 王竹天氏)
【日時】  2010年7月29日(木) 9:3 0~12:00
【場所】  住友不動産六甲ビル 2F 会議室 B~C (東京都中央区新川1-4-1)
【アクセス】日比谷線、東西線「茅場町駅」より徒歩3分
【概要】  1.中国食品包装材料に関する法規と国家標準
      2.中国食品包装接触材料と添加剤の申告手順
      3.中国食品包装材料法規制の最新動向
      4.質疑応答
【講師】 王竹天 氏 (中国衛生部 疾病予防制御センター栄養食品安全所 副所長)
     食品化学とリスク評価専門家
長期にわたる食品汚染物及び食品添加剤の危険性評価と物理化学試験方法応用
の基礎研究及び食品安全管理研究に従事。
国家食品衛生標準「食品衛生物理化学試験方法」(GB5009-2003)制定の主宰と起草、
日本を始め、諸外国の担当省庁、関連団体との交流、及び講演活動も頻繁に行われる。
【主催】 株式会社モバイルシステム
【協賛】 塩ビ食品衛生協議会 
【費用】 1名25,000円(税込、資料、飲み物含む)
【お申込】 http://www.mobile-system.co.jp/JP/IF/t.php?k=svc&sk=17

お問い合わせ先 株式会社 モバイルシステム(MOBILE SYSTEM CO,.LTD.)
〒151-0065 東京都渋谷区大山町46-9 ヴィラタナカ101
TEL. 03-6416-8512 FAX. 03-6416-8513
http://www.mobile-system.co.jp/ e-mail : sales@ mobile-system.co.jp
スポンサーサイト
[ 2010/07/15 10:06 ] 食べ物ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。